warriors of the Rainbow

b0053478_16565288.jpg

みなさんは 「虹の戦士」を知っているでしょうか?
アメリカ・インディアンが信じ続けてきた最後の再生への物語

この本を私にくれた人が「もう知っているんだと思った」と 私に言った
なんで彼女がそう思ったかというと 私達の曲で「Rainbow fighter」という曲があるから

私はこの「虹の戦士」という本の事は知らなかった

だけど「Rainbow Fighter」という曲を作った
この曲を書いたのは 「War Dance」というアフリカはコンゴのドキュメンタリー映画を観て
音楽と踊りによって内戦で傷ついた子供達が立ち上がり未来を生きようとする模様が
描かれた映画で (こちらも是非観てほしい)

この映画を観た時に 私はミュージックファイターでいたいと思った
武器を持たない 音楽を奏で戦う ミュージックファイターに

この曲を聴いた友達が インディアンのお話が書かれた「虹の戦士」をプレゼントしてくれた

今回3月20日のニューアルバム発売記念前夜祭
本当に沢山の人がかけつけてくれた

電車も通常運転じゃないし まだまだ余震もあって不安の中なのに


初めは 「皆 不安だし 元気がないと思うから こんな時こそ 人が集まって皆で元気になんなくちゃ」って
思っていたんだけど

ライブが始まって 「あ~元気もらいたかったのは自分だったんだ」って 

会場の皆も 音が出たら 一気に不安も何も吹っ飛んで 本当に楽しんでくれた

やっぱり中止にしなくてよかった


やっぱり音楽には力があるんだよ~
元気の種が詰まってる

今は東北の人達のためにも 私達は沈んじゃいけない!!
笑って この国を盛り上げなくちゃ!

自分が元気じゃなかったら 人に元気は与えられない




20日のライブが終わって 静岡 愛知 大阪 広島 山口と旅をしてきた

どのライブも本当に最高だったよ

静岡 愛知の時は とにかくTAYUTAを聴いて元気になってもらいたい!もしくは自分が元気になりたい!!っていう気持ちの方が大きかった

だけど ちょうど大阪に着いた日に ニュースで東京の水道水から放射能が検出されるというのを耳にし
正直 メンバー全員へこんだ
ライブ前に 刻一刻と状況が悪化する 福島の原子力発電所のニュースを聞き
自分達の家族の事が心配になり 将来が心配になった

そんな気持ちのまま ライブの時間はやってきて
会場はビルの10階 目の前は道頓堀.......
だけど いつものギラギラとしたネオンも 今日は控え目だ

そういえばグリコの看板も消えている

一応 節電を気にしているのか

歌い始めた瞬間 これが最後のライブになるかもしれない という思いが心をよぎった

だって 今はいつまた大きな地震がきてもおかしくない時

いつ私達がバラバラになっても おかしくはない

そう思ったら涙がでそうになった こんな楽しいのに こんな好きなのに できなくなる日がくる

いつか必ず

明日が必ずあるなんて 今までなんて幸せに暮らしてきたのだろう

今は違う  

だって現に 東北関東 あまりにも多くの命が 明日が 未来が 失われた

私達にだって いつ降ってきてもおかしくない


これが最後だと思うなら さぁ どうする 広野!!

今 この 命を 思いっきり 歌おう 思いっきり 楽しもう

死を感じ 生を生きる

今まで こんなにも 命を感じたことはなかった

生きてるって 素晴らしい お水が飲めるって素晴らしい 空気が深く吸えるって素晴らしい

野菜が食べれるって素晴らしい.......

瞬間 瞬間が奇跡の連続だなんて

こんなふうに 追い込まれないと 感じれない 人間ってやつは どうしようもない

だけど ここから 学ばなくちゃ

沢山の命から 学ばなければいけない


今 日本人 一人一人が 虹の戦士 になるとき
これは 大きなチャンスだと思う

日本が 本当の意味での心の豊かさを持つ為の

節電だって 私の周りでは 誰一人 文句を言っていない

むしろ 節電する習慣が身に付いているくらい

今 日本が試されているんだね

この先 どこに向かっていくのか 本物の愛を分かち合えるのか


福島出身の友達から聞いた
今 福島県内で 結婚前 もしくは 出産前の女性への差別がでてきていて
「健康な子供が産めない」と.....

こんなことがあってはダメでしょ?!

広島に原爆が落とされた後も 広島出身の女性に対する差別はあったみたいで
広島出身だと 隠しながら 女の人達は肩身の狭い思いをして 生きてきた時代があったらしい

なぜ また同じことを繰り返してしまうのか

悲しすぎる


だけどこれが現実


私達は ここから何を学ぶのか

また同じ過ちを繰り返すだけの民族なのか



私は この世界に 自分の子供を産みたいと思う

美味しい水 美味しい空気 美味しい野菜 美しいこの日本に 子供を産みたいと思う

虹の戦士として TAYUTAという大きな船に乗って この時代 そして未来の為に 戦っていきたい

必ず 良い方向にいく

だって 見たんだもん 本州に架かる 大きな大きな 虹を 

瀬戸の海原から......



「虹の戦士」より 一部を抜粋  翻案 北山 耕平


虹は 全てのもののなかにおられる あのお方からのメッセージだ。

全ての人間が一つの家族のように繋がることを 教えている。

さぁ あの山の頂にお行き 私につながる愛しい者よ。

どうやったら 虹の戦士になれるか

行け

行って学ぶがよい。

愛と喜びをみんなの間にひろげることだけが

この世界の憎しみを理解と優しさに変えることができる。

この世から いっさいの戦争と破壊をなくすために

残された道は もはやそれひとつしかない!


虹の戦士

b0053478_18174952.jpg



b0053478_1830183.jpg

[PR]

by ta-yutatayuta | 2011-03-29 17:17

元気が出た!!



LOUDSの西村茂樹さん(Vo.Gt)のブログから抜粋


以下西村さんのブログ
↓ ↓ ↓ ↓
前の日記に転載したブログの「【3】『原発不要』は東電も知っている」に関してですが、その詳細な内容が以下のブログにありました。

http://ameblo.jp/aries-misa/entry-10837602265.html

『原発がなくても大丈夫な理由!』
このお話を聞くと、私たちは原発に頼らなくても生活出来ると言う明るい未来が見えて来ます。



アメリカの面白いデータがある。
原発のコストがどんどん上がる一方で、自然エネルギーの中では一番高くつくと言われていた太陽光発電がどんどん値段が下がってきている。
そして去年、とうとう同じになってしまい、何と現在では原子力発電よりも太陽光発電の方が安くなっていることが分かった。
だったら原発ではなく、太陽光発電や、もっと安い風力や水力を使えばいいではないか。

2009年、ヨーロッパとアメリカでは自然エネルギーが最も盛んな発電所となった。
特にヨーロッパでは新設の発電所の60パーセントが自然エネルギーである。
それは安いから。
日本では自然エネルギーなんて、高くて不安定で役に立たないとメディアでは必ず言う。

メディアは本当の事を全く紹介しない。
日本だけが自然エネルギーを認めていないのだ。
そして東京電力が東京大学に委託して調査したある面白いデータがある。

千葉県銚子市の犬吠埼の沖合いに風車を建てたらどれくらい発電するかを調べてもらったのだ。
その結果、世界最大の電力会社であり、日本の3分の1の電気を消費する東京電力の電気は、犬吠埼の沖合いに風車を並べると全部足りることが分かった。

ただし水深500メートルを超える海域にあり、経済的に利用が難しいと報告書には書いてあるが、それは従来風力発電は浅瀬に立っているからである。

ところが九州大学がこんなものを作った。
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20100712/104217/?P=1

カーボンファイバーで作ってあるので海に浮く。
海に浮かんで勝手に発電する。

仕方なく、東電も25年くらい先には何とかしようと言っているが、真面目に取り組む気が無い。それが大問題。

アイスランドは地熱発電をやっている。
地熱発電で発電し終わった後、各家庭にお湯を配っている。
それでもお湯が余るので広大な温泉も作っている。
その発電所を見に行ったら日本製だった。
世界で一番優れた地熱発電は日本が作っていた。
日本は各国に地熱発電を送っている。
そして彼らが言った。

「同じ島国で同じ火山国でこれだけの技術のある日本には、さぞかし地熱発電があるんでしょうね」、と。

いいえ、ほとんどない。
日本がもし真面目に地熱発電をやると、今消費している電気の30パーセントをまかなえる。
犬吠埼の沖合いだけでも33パーセント、それ以外にも風力の適地なんていくらでもある。
特に海の上はものすごく効率がいい。

日本は自然エネルギーだけでおつりがくる。
輸出もできる。そういう国になれる。

小規模水力というものもある。
4.5メートルの長さがあったら、4人家族の家一軒が自給できる。
ところがこの電気、自分で使う事は許されていない。
敷地内に水が流れていればいいのだが、敷地の外だと絶対に使ってはいけない。
なぜならば私たちは電力会社からしか電気を買う事が許されていないからだ。
それは電力会社という巨大な権力を許してきたツケとなっている。

日本にはこんな風力発電もある。
風力発電はこれまで、鳥がぶつかる、低周波騒音が出ると言った難点があった。
ところが、秋田のメカロと言う小さな会社が作ったスパイラルマグナス風車。
世界初の方式で、通常のプロペラの代りにフィンを付けたスパイラル円柱翼により風車を回す。
http://www.mecaro.jp/product.html

一般のプロペラ型風車の1/4程度の低い回転数のため、騒音レベルは、風の音と区別がつかないほど静か。
ドイツ人が考案したが、作ったのは日本人。
さらにこの風車は風速50メートルの台風の風にも耐えられる。
こんなすごいものを日本人は作っている。

神戸大学院が作ったのは高効率ジャイロ式波力発電システム。
たった9メートル×15メートルという小さな発電機を海に浮かべて回すだけで、太陽光発電の15倍の45キロワットを発電する。
波があればずっと発電する。

日本の国土は狭い。しかし、海を含めると12倍になる。
海の上の波と風を活用したら日本はエネルギーの輸出国になれる。
そして省エネ製品に替えると今の電気消費の半分までに減らせる。
それだったら畳8畳分の屋根の広さの2キロワットの太陽光発電で足りる。
これにあとバッテリーさえあれば自給できる。
原発で、こんなに高い電気を命がけで作る必要はなくなる。
送電線もいらない。
スマートグリッドがこれからどんどん伸びていく。
その時に必要な省エネ製品・自然エネルギー・IT・電気自動車・バッテリーはどれも日本が世界一である。
だから、電力会社を離れてスマートグリッドで地域ごとに電気を足らしていく仕組みにしていけばいい。

電力会社に牛耳られるのでなく、日本がこれを契機に再生していくといい。
今、私たちは電気のせいで命を脅かされるという事態になっている。
電気が必要だと思い込まされているが、私たちが本当に必要としていたのは電気だったんではない。
明るさ・ぬくもり・便利さなのだ。
それを実現させる為にここから社会を変えていきたい。

今は本当に悲惨な事態になっているが、これを糧にしてこれからは安全な社会を作っていきたい。
子供たちのためにもっといい未来を残してやりたい。
その時に必要なのは特別な人の能力ではなく、いろんな人の小さな能力を組み合わせる事。
小さな力が結集する事によって社会が変わっていく。

<まとめここまで>

いかがですか?

私たちが知らない素晴らしい発電方法が、こんなにたくさんあるのです。

私たち日本人は世界に誇れる技術を持っているのです。

原発に反対しない方がいるのは、原発が無かったら電気が作れないと電力会社と政府に洗脳させられているからです。

でも、原発が無くても日本は立派に電気が作れます。

原発の呪縛から、どうか目を覚まして下さい。

原発がどんなに危険なものかを理解して下さい。

多くの人の命と引き替えに、利権だけで成り立っている原発なんて、私たちには一番いらないものなのです。
[PR]

by ta-yutatayuta | 2011-03-28 08:41

音楽に力を!!

アフリカから戻って ゆっくり写真でもアップしながら アフリカでの1か月を振り返ろうと思っていたんだけど
そんなことを言ってる場合じゃなくなってしまった。

とにかく今は被災者の方々へ充分な栄養と暖が取れるものを 一日でも早く届けてほしい
停電ならいくらだって構わない!!
情報がない中 暗くて寒くて 悲しみの中にいる多くの人へ 救いの手が差しのばされることを心から
願う。

そんな中 原発の問題が日に日に悪化している
東北の人達にさらなる追い打ちをかけるがごとく......

福島原発は日本で初めての原子力発電所 皮肉すぎやしないか。
私の周りでも 特に子供を持っている仲間は 子供だけでもと関西や九州の方に避難しだした

私もそうした方がいいのか?と悩んだが 逃げたところで不安は解決するわけじゃない
だから ここで何ができるかを探そう.....そう決めた

だけど そんな思いとは裏腹に 続々とライブのキャンセルの電話
停電の影響も大きい

今月27日に開催されるはずだった王子飛鳥山公園の「桜祭り」も中止になった
実行委員会の判断ではなく 多分市からの決定かも知れないが 残念だ

こんなときだからこそ 人が集まる意味があるんじゃないのか

落ち込んで暗くて悲しい気持ちを 皆で力に変えられる
その場所が「桜祭り」だと思っていたのに.....

被災者への義援金だって集められたのに.....

音楽には力がある

その力を 今使うべきだと 私は思う
いつだって人は 歌って踊って笑って 涙を拭いて生き抜いてきた

地震やら放射能やら 家に閉じこもってビクビクしてたら それこそ病気になってしまう

誰かと会って話をして 結びつきを深めよう 不安も恐怖も 仲間とシェアしよう

そうすれば 次の瞬間には勇気に変わっているはずだから

皆で集まってシェアしよう!今こそ日本力を発揮する時だ!!

20日に予定している王子ハイビスカスでの新アルバム発売記念前夜祭ライブは当初の予定通り
決行!!

例えお客さんがいなくても うちらは楽しくやるんだ!
その魂を被災者の皆に届けるんだ!
そして元気のないであろう皆と 色んなものを共有できる そんな一日にしたい

「君が笑えば 世界が笑う」
そう こんな時だからこそ 笑って元気でいなくちゃね

そして 何が自分にできるのか 考えよう

20日 待ってます 電車が止まったら 皆で そのまま お泊りしましょう~
21日からのツアーも予定通りです
みんなと私が元気になる為に歌って踊ろう★
[PR]

by ta-yutatayuta | 2011-03-17 01:49