<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近…☆

b0053478_1441181.jpg

カンボジアでの話しまだまだ書きたい事があるのですが、最近私の中でというか環境も含めて変化が起きてるんです~

知り合いから紹介してもらったヒーリングの先生と出会ってから、イメージした事がどんどん形になっていってるという夢みたいなお話。

新月の夜に二個以上~十個以内の願い事を紙に書くだけで、想いが叶う

それにもちゃんと条件があって、書く時間帯も決まっているし、書く内容にもルールがある

先生に教えてもらった通り 私は欲張りに 新月の夜 願いをかけた

そしてその次に先生から来たメールには
魔法のノートの書き方

何の疑いもなく私は無印で1番いいノートを買い、精一杯の装飾を施し 魔法のノートを作った

本当に心から自分が願っている事 想像するだけでワクワクしてしまう事 書いてる途中で 本当にこの事が実現するんだろうか? などとネガティブな想いが横切ったら 即書くのを辞めて 始めから心をクリーンにして 書き直す


お金が欲しい とか 物欲的な事を 自分が本当に望んでいるのかと思えば 案外 お金とか物とかは 自分が本当にワクワクする程のものではなく 心が望んでいることはもっともっと 人間的な事で 本当に想像するだけで 楽しくて仕方がない事なんだと 書きながら思った

そしたら本当に書いた事が 現実になってきている~!!

これ本当なんです

こんな事やりたいなと思ってた事に かかせない人から連絡があったり…

ビジョンを描く事って本当に大切なんだなって
想いはエネルギー
エネルギーは力になって色んなものを動かしてくれる
その想いが 純粋で強ければ強いほど

そうなる事を疑わずにいれば 宇宙が共鳴して 力を貸してくれるんです

あっ もう一つ叶った事が~
ずっと前から 大ファンだった あの人と徐々に近づいてきました☆
何と前に たゆたうでゲストに来ていた パーカッショニストのイズポンと彼女がバンドを始めたんです!!!
ライブ招待してもらっちゃいました☆
いつか同じステージに上がりたい~
[PR]

by ta-yutatayuta | 2008-05-18 14:04

省きます

どうも!!

先日のたゆたう ゲストの渡辺克己さんとの ウタ と 語り のコラボレーション

最高でした☆

来ていただいた お客さんも 皆さん 満足して 楽しかったと 帰っていってくれたので

良かったです。

あと やっぱり バッキー 最高です。 脱帽。

カンボジアの話の続き.....

起こった出来事を 一つづつ 書いていこうと思っていたんだけど

毎日 何か 起きていたから 書ききれない と想い.....

印象にのこっている事だけを 書いていこうと思う。

2日目 シュムリアップ という 海沿いの町へ バスに6時間ほど揺られ 向かった

途中の休憩所に着き バスを降りて 一休み

その時 私達の周りに ボロボロの洋服で裸足で ホコリまみれの 兄弟がいた

その兄弟の 妹が 一人のカンボジア人のおばちゃんの所に 無愛想な表情で

手を差し出した

おばちゃんは 煙たがり しっしっと あっちへ行け とでもいうように 軽くあしらっていた

それにも めげず その子は 動かなかった。

その様子を 横で見ていた私。

お金を あげてもいいのだけど このおばちゃんに 日本人はすぐお金で解決する

みたいに思われはしないかと 迷っていた。

くれという この子に 簡単にお金を渡していいものかと.....

そしたら 私の友達が すんなり おばちゃんに向かって

「i am japaneaseね だから 私 お金あげるね」 と 堂々と その子にお金を渡した。

私は 自分を 恥ずかしいと思った

自分が どう思われるか という事しか 考えていなかったからだ。

その 友達は 笑顔で 子供に お金を渡した。

といっても 100円程

だけど この国の人たちにとって 日本での100円は なかなか 手に入らない金額だ

私達にとっては たったの100円

だったら 喜んで あげよう と 友達は言っているようだった。

決して 日本では裕福ではないよ

だけど 100円でジュースを買うなら ちょっと位 我慢して そのお金を彼等に

プレゼントしたほうがいいよね

それで 喜んでくれるなら。

カンボジアに 行く前から ちょっと考えていた事

何で自分は 日本に日本人として 産まれてきたのだろうか

カンボジアに 行ったら もっと 考えるようになった

自分が この国に 産まれて来ても おかしくない なら 何故 日本人なのか.....

その 答えが 少しだけ 見えてきた ような気がする。

断って おきますが 私は決して 裕福じゃない 金持ちでもなんでもないんですよ

ただ お金がある国の人々は お金のない国へ どんどん行って

たくさん たくさん お金を その貧しい国に 落としてくればいい!!

なんか そう思った

あの バスの休憩所での 出来事が 私をそう 思わせたんだ

こっちでの たった100円 ならば どんどんあげればいいって

それが少しでも 彼等の 役にたつのなら。

ありがとうも 言わずに その妹は お金をもらって去って行ったけど

ありがとうって 言ってもらいたいわけじゃないしね それでも いいんだよ

カンボジアのお寺に 行った時に そこのお坊さんに 聞いたんだ

「人の喜びの為に 尽くすには どんな言葉をいつも 胸に刻んでいればいいんですか」

って.....

そしたら そのお坊さんは 

「あなたの心が望むままに 動けばいいのです」

と 教えてくれた

人にどう思われようと いいんだ

自分が お金をあげたいんだと 思えば あげればいいし

ありがとうなんて 見返りなんか いらないんだ

心の 望むままに 

b0053478_2333598.jpg

[PR]

by ta-yutatayuta | 2008-05-13 22:30

書きたいことが

書きたいことがたくさんありすぎて 何から書こうかなぁ

今 テレビで モンキーマジック が唄ってるなぁ
英語になると 突然ウタが上手くなるのは仕方ない
だけど日本語で一生懸命唄う彼等に 心温まるのは何故かな 日本人だからかな

え~では カンボジアでのお話を

何故 カンボジアに行くことになったかというと
メンバーのマサが 以前仕事で  Make The heaven( http://maketheheaven.com/cambodia/)というカンボジアの
ストリートチルドレンを支援しているNGO団体が主催したチャリティイベントに出演した。その時にカンボジアの子供達と「必ず会いに行く」と約束したのが事の始まり。その話しを聞いて、是非一緒に同行させてもらいたいとお願いしたのだ。

カンボジアといえば 世界遺産 アンコールワット☆
世界遺産を見るのも 初めてだ!!

私よりも先に カンボジアへ行って 帰ってきた 友達に 色々 情報をもらう

*2人に1人は 腹を下す
*毎日35度以上
*結構 治安は悪い
*日本の女性はモテル
*キンカンが必要

それに 海外は初なので パスポートの取り方や ビザの取り方も

出国する時に持ち込んではいけないものがある
(案の定 なかなか高かった 化粧水を没収される。容器が100ml以上だった為)

世界には 知らない事が まだまだあるんだんなぁ~

直行便がなかった為 中国 台北の空港で一夜を明かす。
この空港の 荷物チェックのお兄さんに 空港で寝ると言ったら もの凄い驚いていて
「いいソファがある」と 親切に いいソファの場所を教えてもらった。

確かに いいソファだった

そして いよいよ 次の日 カンボジアへ!!

現地へ到着したのが だいたい12時前 むちゃくちゃ 暑い~!!!!!!

そして 空港には 観光客を捕まえようと トゥクトゥク(原付バイクに装飾がしてある荷台がついてる向こうのタクシー)の ドライバーが うじゃうじゃいて むちゃくちゃ 声をかけられる

まるで 芸能人のお出迎え♪

先に まさのもう一つのバンド、サルサガムテープの仲間 鶴と奥さんのゆかりちゃんが
行っていて この日 お迎えに来てくれていた。
彼等は 10日前に カンボジアに来ていて すっかり 現地に染まっているようだった。

滞在中 泊まらせてもらうのは そのMake The Heavenのアパート
ちなみに 1泊 だいたい400円 

そのアパートまで 空港から 20分
カンボジアの首都 プノンペンを 目指す。

b0053478_21501273.jpg

この 鶴夫婦 が乗っているのが トゥクトゥク

今回 トゥクには お世話になりました~

このタクシー 凄い気持ちいいんだよ~ 夜乗るとまた 最高☆

あんまりスピードが出ないから ゆっくり町並みが 味わえて いいんです!

日本にあったらいいなと思うけど カンボジアだからいいんだと 後で思った

しかし カルチャーショックだったよ~ カンボジア
慣れるまで 2日かかったなぁ.....
とにかく ゴミ ゴミ ゴミ 匂い きつい

向こうの人は ぽいぽい 捨てる
もともとは 自然に帰るものしか 使っていなかったから 捨てても 土になっていた
だけど 外から色んな物が 入ってきたせいで 土に帰らないものが増え
捨てる文化だけは 残ってしまったんだ

だから 街に 溢れているのは ビニル製の物がほとんど あとティッシュだな

でも カンボジアの人は 全然気にしてないみたい

川も汚かった

街には いたる所に ストリートチルドレンが 空き缶や ペットボトルを探してた

お金になるからだ

水を飲みながら 歩いていると それが飲み終わるまで 後をついてくる 何も言わづに

皆 裸足で ボロボロの服 髪もぼさぼさ

大人も大人で 何もしないで ただ ぼーっと座ってるだけの人がたくさん

日本では考えられない光景
平日の昼間っから ハンモックで寝てる

でも ここでは これが当たり前の光景なんだ
b0053478_22101025.jpg

マーケットの中 豚の頭やらトリの丸焼き一歩前みたいのやらカエルやら虫やらが売っている
b0053478_22123325.jpg

スープヌードル 約150円 ハエもぶんぶんだ~
b0053478_2214617.jpg

見ての通り川岸には ビニルの塊たちが...
この近くで 小さい子供が乗っている 一隻の船が浮いていた しばらく見ていると
川の中から お父さんらしき人が 口に針金らしき物をくわえている 何度も何度も
潜っては 何かガラクタを拾っているようだ。
どうやら この川で 物を拾って 生計を立てているらしい

カンボジアの現実は 私が全く想像していなかった事だらけだった
戦争が終わったばかりの国
そして 今まさに バブルの真っ只中

街には 高級車を乗り回す人 もいる

しかし ほとんどの家は ほったて小屋状態
貧富の差は 確実にひろがっているようだった
[PR]

by ta-yutatayuta | 2008-05-02 20:53