yu-qan live vol.10

昨日は 毎月恒例の 悠久庵 での 10回目の「たゆたう」.....だった。

昨日は 久しぶりに来てくれた人や 毎回来てくれてる人がたあくさん集まってくれた。

昨日は 悠久庵が 「我が家」 に思えた。

昨日のゲストバンドは「福」。

今年 一発目のイベントにしては 景気のいい名前♪

「福」はもともと「素」というバンドで、タユタとはその頃からの知り合い。

メンバーとは 富士山を一緒に見に行ったり、ボードゲームをやったりする仲。

昨日 来てくれた人は その世界観に触れて まるで 絵本の中にトリップした感覚を

味わっって帰ってくれたはず.......

来月は またこの方も 素晴らしい ミュージシャンです!!                                                                          
唄う情熱パーッカショニスト「MASA]さんをお迎えして 2月もたゆたっていきたいと思います♪

マサさんは たゆたのまさの 兄貴的な存在の方で まさに負けないくらいの 

ソウルフルな太鼓を叩く 本当に素晴らしく カッコイイ ミュージシャンです。

 色んな音をプログラミングしたものと 一緒にジャンベを叩く姿はまさに パッション☆

この素晴らしい演奏を生で感じたい方は是非 遊びにきてください♪

そうそう 2月といえば 私のバースデイ☆( ん~無理やり!?)

もうそろそろ 年を数えるのはやめようと 思っている今日この頃

忘れましょう 年なんて

精神的に 人間的に 成長したときに 年を一つ増やせばいいのです♪

だから 私は ミュージシャン年齢でいうと やっと3歳位かな  テヘッ

毎年 私は 自分の誕生日がくると 母に手紙を書きます

「産んでくれて ありがとう」

「必ず 幸せにするから 待っていてね」

毎年 書かれている内容は 変わらないんだけど

やっぱり 誕生日が近づく度に 伝えないとって思う

だって 奇跡だから

自分が 今ここに存在してるのって

20何年前 私はまだ お腹の中にいて 外の世界を待ちわびながら

母の温もりを 全身に感じ たった一つの細胞を 生きたい この世に産まれたい

という強い命への 執着によって それを爆発させ 人の形をつくり 命を咲かせた

これは まぎれもなく 私自身がおこした 奇跡 ミラクル☆

そのきっかけを 与えてくれたのが 親。

この2人が出会い 恋に落ちなければ 私は いなかった

奇跡 ミラクルだ

そして 人生という 素晴らしい プレゼントをくれた

だから やっぱり 「ありがとう」って 誕生日に言わなきゃだよね

今 幸せを感じられない状況にあったとしても 「ありがとう」と 言うだけで

今の 不幸が幸福になるかもしれないし


私の命が ここにあるのは 遥か太古の時代

一人の男と一人の女が 愛し合ったからこそ

そして その愛は 親から子へ 子がまた子へ......

愛は縮まらない 愛は膨らむもの 愛は途切れない 愛は伝えていくもの

愛は いつまでも絶え間なく 流れていく 海のよう

私の命は今 遥か昔から受け継がれてきた 愛の先頭に 立っている



是非 みなさんも 自分の誕生日 両親に一言 伝えてみてはいかがかな??

b0053478_22594372.jpg

[PR]

by ta-yutatayuta | 2007-01-29 22:33

2007年 明けました

あけましておめでとうございます☆

2007年 スタートしました!!

今年も たゆた をどうぞよろしくお願いします~

ということで 今年はどんな年になるんだろうか??

皆さんにとっても この世界にとっても 素晴らしい一年になりますように祈っています。

今年の抱負は

1つ、 人に優しく 2つ、四回立ち止まる 3つ、相手の言葉で話す

これが今年の抱負。 いやこれから先、何年かかるかわからないが、自分の課題。

人に優しくは 人として基本中の基本

だけど 言葉にださなくても 顔にださなくても 心でこいつ嫌だなと思っただけで それは相手

に伝えているのと同じこと。

だから 例えば自分が 誰かに非難されたり 本当はそうじゃないのに誤解されてしまったり

理不尽さに仕返したくなったりとか

そういう時 自分に問いかけるんだ

「何故この人は こんな事を言ったのか」 「原因は自分にあるんじゃないのか」と
 
自分に話かけるの

ついつい カァ~っとなってしまうからね


2つ目もだいたい同じ事

言われた時 された時 すぐに答えを出してしまわないで

一度立ち止まって考える

その出来事が 終わった時に考える

家に持ち帰り考える

相手に考えた結果や感謝を伝える時 最期にもう一度考える。

4つの考える修行。

そしてこの2つの修行の集大成が3つ目の 相手の言葉で話す 

伝えたいことを伝えたい人に話すとき

解ってほしいこだからなおさら 自分が発する言葉は 魂がぎゅうぎゅうに詰まっていて

相手に渡すときに 重くて重くて 逆に伝わらなかったり 誤解を招いたり 怒らせてしまったり

しがち 特に私は言葉のヴォキャブラリーや上手い例え方も知らないから

すぐにいい合いになってしまったり 同じことを言っているのに理解し合えなかったりしてしまう

だから 損してるなァ~と思って.....

相手の言葉の裏側にある 想いを汲み取る修行

これが3つ目の私の抱負。

何年かかるかわからない

だけど  今から治して修正していかないと 必ず後で苦しくてどうにもならなくなる気がする

それに もっともっと みんなの前で 自分に正直に堂々と後ろめたさを持たづに

歌って生きて生きたいから 愛を語って生きたいから

頑張ってみるので 皆さん 見守っていてください よろしくお願いします。

こんな世の中だから 狂ったニュースで こっちまで気が変になりそうだし

だからこそ 昨日まで 好きになれなかったあの人を 明日は 少し好きになっているような

人間になっていたいと想う

自分自身の中にも 確実に 戦争や差別やいじめ が確実に存在している

それが事実 

悲しいけど それが事実なんです

だから そんな自分から目をそらさずに 自分と向かい合って問いかけて問いかけて

悩んで悩んで それで少しでも 優しさを手に入れられたら 愛する人を増やせたら

もっと 顔をあげて 生きていけるきがする

どんな相手にも 解り合いたいという謙虚な気持ちで接していけるよう頑張りたいと想います。


以上
b0053478_2215429.jpg
吉祥寺 スターパインツカフェにて 2006 12・29

きっと 争いは 消えていくと想う
[PR]

by ta-yutatayuta | 2007-01-04 21:02